差別化商品の作り方&手土産市場にチャレンジ!

よろず支援拠点では、今年度3回にわたり6次産業化を支援するセミナーを開催しております。
第3弾は平成29年1月26日に開催致します。(紀陽銀行東和歌山ビル3階 14時~)
このセミナーは紀陽銀行さんとぐるなびさんとの共同開催!
第1部:失敗事例から学ぶ!差別化商品の作り方
第2部:接待の手土産などギフト市場にチャンレンジ!手土産に選ばれる3つのポイントセミナー!皆様のご参加をお待ちしております。

お申し込み ↓

ダウンロード
差別化商品の作り方&手土産市場にチャレンジ!地方創生!農産物の魅力発見!6次産業化支援セミナー お申込み用紙
Microsoft PowerPoint - 【和歌山】0126.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.3 MB
差別化商品の作り方&手土産市場にチャレンジ!
地方創生!農産物の魅力発見!
6次産業化支援セミナー
 
 和歌山県よろず支援拠点は、地方創生に資するものとして、県内の1次生産者の6次化・販路拡大支援も平成28年度の重要なミッションと位置づけております。鮮度の高い地域の農産物への需要、食の安心・安全への生活者の意識の高まりもあり、この度 株式会社ぐるなび「ぐるなび大学」の協力を得て、6次産業化支援セミナーを開催致します。
 現在、自社商品の差別化を図りたい、今までとは違った新しい販路先の話を聞きたいという方々にオススメのセミナーです。
 
日時:平成29年1月26日 14:00~16:00
場所:紀陽銀行東和歌山ビル3F 多目的ホール
(和歌山市友田町4丁目123 )
参加費:無料
定員:20名
 
第1部 14:00~14:50
【失敗事例から学ぶ!差別化商品の作り方】
本セミナーでは、生産者および、食品関連事業者の今後のビジネスのヒントになる、差別化商品で販路拡大に成功した事例、マーケティングを意識して売上がUPした事例などをお話し致します
 
第2部 15:00~15:50
【接待の手土産などギフト市場にチャンレンジ!
手土産に選ばれる3つのポイントセミナー】
全国33,000人以上の現役秘書会員をネットワークするぐるなび の サービス「接待の手土産」についてご説明いたします。
ギフト市場にチャレンジされている企業様の事例の他、秘書のニーズや手土産などビジネスギフトを選ばれる際のポイントについてお話しさせていただきます。
 
皆様のご参加をお待ちしております。